hackjpn inc

電通と事業提携を実施しCVC組成支援を実施します。

電通と事業提携を実施しCVC組成支援を実施します。

2020年12月14日

コーポレートベンチャーキャピタルの組成から運営までワンストップ支援

「Fund X」プログラムを提供開始 

hackjpn株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:戸村 光)は、株式会社電通(本社:東京都港区、社長:五十嵐 博)と共同で、コーポレートベンチャーキャピタル*2(以下、CVC)の組成から運営までをワンストップで支援する「Fund X」プログラムの提供を開始しました。(URL: http://fundx.jp/)本取り組みは、株式会社電通内の事業共創プロジェクトDentsu JAM!*1チームとともに提供いたします。

事業会社が優れた技術やサービスを持つスタートアップ企業と提携し、新たな事業・製品・技術を共同開発するオープンイノベーションが活発化しています。その際、スタートアップ企業への出資を併用することで、事業会社は連携を強化でき、スタートアップ企業は事業会社との資本・業務提携でバリューアップする。この好循環を目的に、国内外で多数のCVCが生まれています。Fund Xは、CVCの組成・運営サポートを通じ、この循環を加速するために設立されました。

提供メニューは、CVC組成に向けた検討支援から、すでに発足済みのCVCに対する運営サポートまで幅広く展開します。Dentsu JAM!で培ったオープンイノベーションの実績や経験、既存のパートナーシップの活用に加え、hackjpnの企業・ファンド評価サービス「datavase.io」の定性・定量評価に基づいた最適な出資先の選定など、ニーズに合わせたサポートを提供します。さらに電通のマーケティング、コンサルティング機能を合わせることで、総合的な資本・事業提携までを含めた支援を実現します。

【サービス展開図】

■本プログラムの概要

①CVC組成準備・検討…一般的なCVCの知識や同業他社の事例から、その事業会社に最も適したCVCを設計。

②CVC組成支援…個別のニーズの検討など、CVC発足に向けた具体的な組成を実施。

③スタートアップへの投資支援…協業・出資先となるスタートアップ企業の選定と交渉、事業・資本提携を実施。

④出資先スタートアップのバリューアップ支援…出資先のスタートアップ企業がより成長できるよう、必要なサポートを実施。

⑤EXIT支援…出資先のスタートアップ企業にEXIT経験者を派遣し、EXITに必要なサポートを提供。

*1 Dentsu JAM!プロジェクト…2018年設立の、新事業や新産業の創発を支援する共創プロジェクト。https://www.dentsujam.com/

*2コーポレートベンチャーキャピタル…投資を本業としない事業会社が、自社とのシナジーを生む可能性のあるベンチャー企業に対し投資を行うこと、またその運営組織のこと。

シェアする

recruit

hackjpnファミリーになって周りの人々を
ハッピーにしたい方はこちらから。

contact

取材や事業に関するご相談はこちら